悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」

  2018/7/27
シェア ツイート 送る

ヒメノワ読者の皆さま、こんにちは。


下町のラウンジに長年身を置き、日々お客様と接しております相沢真樹子と申します。


離婚歴ありで子ナシの40代。ホステス歴は離婚してからになりますので、10年くらいでしょうか。


そのような中、ご縁あって夜の世界に身を置く観点から様々な処世術についてご紹介しております。

悩める働くオ・ン・ナの処世術2 「お・こ・と・わ・り」~断る~

ホステス真樹子の悩める働くオ・ン・ナの処世術1「う・け・な・が・す」~受け流す~

セクハラを事前に防ぐ方法が知りたい

2201807250847410.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
さて、先日読者の方から「真樹子さんにホステスの観点からセクハラを事前に防ぐ方法などあったら知りたいのですが・・・」というお問い合わせをいただいたそうです。ありがとうございます♪


長いこと身を置いている東京下町のラウンジには、20代後半から30代、そして40代と幅広い年齢のホステスが在籍しています。もちろんわたくしは最年長(笑)。親子ほど歳の離れたホステスもおりますが、年齢問わずお客様からターゲットにされてしまうホステスがいたりするのです。そんな彼女たちをよく観察していると「コミュニケーションの特徴」や「見た目の特徴」があることに気付きました。


そこで今回は「セクハラを受けやすいコミュニケーションの特徴」から防衛策を見てみましょう。

CASE1

2201807250848320.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
「人当たりがよく、いつもニコニコ。どんな話をされてもずっとスマイル! ”優香” の場合」


最高のおもてなしを最高の笑顔とともに提供することがわたくしたちの務めではあるのですが、お客様に何を言われても常にニコニコ、ニコニコしている当店のホステス優香。


ときどきわたくしから「優香、いつまでもヘラヘラ笑ってるんじゃないの!」と注意することも(笑)。


「笑ってごまかす」という言葉があるようにお客様が暴走していても笑顔でいつづけると、「大丈夫」「問題ない」と受け取られてしまいがちなのです。


なので、時には毅然とした態度も大切。笑顔の中にも凛とした部分を持つホステスであれば、お客様が暴走してしまうことが防げるのです。

CASE2

2201807250848500.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
「いつもラブラブ営業&甘えた声の ”さやか” の場合」


歳を重ね、またアルコールと煙草をこよなく愛するが故にハスキーな声のわたくしですが(笑)、そんな低いトーンの声より甘えた感じの話し方は男性の心理的ハードルを下げるという傾向があるそうです。


うちのお店で言うとホステスさやか。いつもアイドルのような可愛い声で甘えるので、お客様のハードルを下げっぱなしなことも(苦笑)。


さやかは「いつなん時もお客様の横にぴったりと座る」という”技”も使います。横並びで座ると図らずとも親密な感情を相手に抱かせてしまうので、さやかはそれを活用しているようなのですが、ついお席でアルコールが進みガードが緩むとお客様に逆手に取られてしまいます。


常に彼女にはそんな受け手側の心理を心得るようにしてもらえたらと思います。

CASE3

2201807250849130.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
「いつでもアフターOK!付き合いが良すぎる “彩” の場合」


お客さまからのお誘いにつきあってくれているホステス彩。よくよく話しを聞くと閉店後のアフターだけでなく同伴を取りたいがために休日にお客さまと食事につきあうこともあるようです。


そこはあくまでも「自己判断、自己責任」になりますが、いつでもお誘いに付き合ってしまうと心のガードが緩そうという印象や、依存的な部分があるのかも?と相手に誤解される場合もあるのです。


それが隙となりセクハラにつながる要因にも。時にはお断りする勇気を持ちなさいと伝えています。

CASE4

2201807250849300.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
「初めてのお客様にもぶっちゃけトーク全開。フレンドリーすぎる “みさき” の場合」


どのお客さまにもすぐに心を開いていく当店のホステスみさき。


フレンドリーなことは利点もありますが、初めてのお客さまなどにも直ぐにぶっちゃけトークをしたり聞かれていないのに過去の身の上話しをしたり、あまりにオープンすぎると相手に「心を許してくれている」と受け止められるケースがあります。


またみさきの場合、お客さまに個人的な相談をまだお客さまと親しい関係を築き上げる前にしてしまい、「親密な関係をこの子は求めているのか?」と誤解を招くということがあったようです。


あくまでも「お客さまとホステスの距離感」をいつも保つことを彼女に学んでもらっています

まとめ

2201807250848140.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
CASE1から4までの当店ホステスの事例をご紹介しました。


どの場合においても防衛策に重要なことは「自分の立場をわきまえ、自分をしっかり持つこと」であるかと思います。ヒメノワ読者の皆さまそれぞれの職場でのシーンや関わるパーソンに置き換え、4つの事例をとらえていただけたら幸いです。


また前回、前々回のコラムでは日常起こり得るコミュニケーションでの「受け流し術」と「お断り術」についてもお話ししておりますので、そちらも是非合わせて参考にしてくださいね。


悩める働くオ・ン・ナの処世術2 「お・こ・と・わ・り」~断る~

ホステス真樹子の悩める働くオ・ン・ナの処世術1「う・け・な・が・す」~受け流す~

次回は

2201807250847580.png
悩める働くオ・ン・ナの処世術3「できるオンナのセクハラ防衛策」
次回は、セクハラを受けやすい「見た目の特徴と対策」について当店ホステスの事例を踏まえご紹介する予定です。


このような形で皆さまにお伝えしていく中で、改めて「自分の立場をわきまえ、自分をしっかり持つこと」で凛としたいち女性、いちホステスとして輝きたいと思う真樹子でした♪
2201710302001350.png
運営会社 それから株式会社
ヒメノワ
会社名 それから株式会社 設立 2017年4月7日 代表取締役 庄司 桃子 (中小企業診断士) 事業内容 会社経営、マーケティング...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る

おすすめのinformation

2201710311510270.png
ビジネスの荒波の中、もがいて、もまれる私たち。40歳を過ぎたころから、目上の人にはしなやかに、した...

ページTOP