その“医療保険”、本当に必要ですか?

  2018/1/19
シェア ツイート 送る

こんにちは。ファイナンシャル・スタイリスト®️の杉山夏子です。


「保険に入りたいです!」
よくいただくご相談です。
でも、入る前に深呼吸。
その保険、本当に必要ですか?


――もしガンになったら?
――もし交通事故にあったら?


このような「万が一」のストーリーを考えていくとどんどん怖くなっていき、
「保険に入っておけば、とりあえず安心」となります。
不幸のどん底ストーリーを恐れて保険に入らなくても、
チェックポイントを事前にきちんと押さえておけば
不測の事態に対応することは十分可能です。


まずは、押さえておきたい健康保険の3つのポイントをあげていきます。

1.保険屋さんが教えてくれない真実:医療費はそれほど高額ではない!

2201710311506130.png
ビジネスの荒波の中、もがいて、もまれる私たち。40歳を過ぎたころから、目上の人にはしなやかに、したたかにかわして自分を守る。でも譲れない一線はしっかりと守り、時として一目をはばからずに表現する術を身につけてきた。この先も長く働き続けるためのマネーのヒントを詰め込んだジャンルです。
日本の健康保険制度は本当にすばらしいものです。
健康保険証を見せれば自己負担率は原則として3割を支払うだけ。
例えば、10万円の医療費がかかった場合は、
本当は33万円以上の医療行為を受けているのです。


また同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が
一定の金額を超えると、超過分は後日払い戻されるという「高額療養費」という
制度もあります。


例えば年収が336万円~600万円の45歳女性が入院して33万円の
医療行為を受けたとします。
その場合、80,100円+(33万円-26.7万円)×1%で【80,730円】の
自己負担額で済みます。


食事代や差額ベッド代は高額療養費の対象にはなりませんが、
治療に必要と判断され医師の指示で個室に入った場合の
差額ベッド代は負担する必要はありません。
最近は、個室ではなくても十分に満足できる清潔や設備を持つ病院も
増えていますので、賢い病院選びも心掛けたいところです。


8万円の臨時出費に備えるのであれば、わざわざ用途の限られている
「保険」に入らなくても「貯蓄」や「積立投資」で準備できるのです。

2.もらえるお金をまず知っておく!

2201801162005250.png
その“医療保険”、本当に必要ですか?
会社員の方が病気やケガの治療のため、会社を休んだ場合、
利用できるのは有給休暇だけではありません。
健康保険の「傷病手当金」と言うものもあります。
連続してお休みした場合、休んだ4日目から標準報酬日額(※)の
3分の2が1年6ヶ月間支給される制度です。


※支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均して30で割った額


お給料がもらえない場合でも、傷病手当金で1年6ヶ月間は収入があるのです。
これは、会社の就業規則や福利厚生ではなく、健康保険の制度です。
お勤め先の人事総務部、もしくは直接加入している保険者に問い合わせてみましょう。


なお、自営業など国民健康保険に入っている方は、傷病手当金の制度はありません。
小規模企業共済などを使うことは可能ですので、
使える制度と自分の貯蓄等の金額をトータルで見て慎重に考えましょう。

3.「もらえるお金」と「必要なお金」。差はいくら?

医療費の出費、いざという時に使える制度を知ったら、その差額はいくらなのか?
この金額を知ったら、次に


「今、いくら持っているか」
「これからどれくらい貯まりそうか」


この2つがわかれば、本当に保険が必要かどうかが見えてきます。
自分の持っている資産。
これが十分であれば、民間の医療保険は入る必要がなくなります。


お金持ちは保険に入っていないというのは資産が十分にあることを
知っているからなのです。

4.注意点は?

2201801162006120.png
その“医療保険”、本当に必要ですか?
後遺症などが残ってしまった場合、体の不自由を補うためにかかる
交通費や家事支援サービスなどの一般生活費が増えることもあります。
これは、その時の状態によっても異なりますし、正確に予測することは不可能です。


そんな「万が一」のための貯金や投資財産をしっかり蓄え、蓄えたものから取り崩すとルールにしておけば、このような事態になっても困ることはありません。
「備えあれば憂いなし」
皆さん自身で十分に実現可能なのです。


あなたの身に何も起こらなかった場合は、そのお金を自分の好きなこと、
または投資や資格などお金を生み出すものに使えば、将来の自分にとっても
「価値のあるもの」となるでしょう。
もちろん、「万が一」の際、その価値あるお金はあなたを十分に助けてくれるのです。


お金の出口を決めて安心する人も多いですが、
出口に行くかどうかは、わかりません。
「お金の入口をしっかりと管理し、出口を自由にしておく」ことで
人生の豊かさが格段に変わっていく――このことを是非とも覚えてくださいね。
2201710302001350.png
運営会社 それから株式会社
ヒメノワ
会社名 それから株式会社 設立 2017年4月7日 代表取締役 庄司 桃子 (中小企業診断士) 事業内容 会社経営、マーケティング...
プロフィールや他の投稿を見る

シェア ツイート 送る

おすすめのinformation

2201710311506130.png
ビジネスの荒波の中、もがいて、もまれる私たち。40歳を過ぎたころから、目上の人にはしなやかに、した...
マネー
№298 - 2017/10/31

ページTOP