居酒屋でも薬膳!アンチエイジングなおつまみ

作者: ヒメノワ
  2017/12/18

こんにちは。薬膳アニュの竹尾.由美子と申します。

「働く女性の薬膳」「暮らしに役立つ中医学」を
テーマに活動しております。

今回は女性のプチ不調と居酒屋メニューにフォーカスをした
薬膳をユキナとヨウコの二人を主人公にして、ご案内いたします。

薬膳の体質チェックを受けたユキナとヨウコ

2201710311508520.png
いつからだろう。寝不足の朝にくっきりとついた目のクマ。凝りが慢性化した肩。ヒールでぱんぱんに膨れ上がったふくらはぎ。化粧室の鏡にうつった自分を見て、なに!?このおばあちゃん!と悲鳴を上げてしまった。そんな経験者に対して加齢を防ぐためのヒントを伝えます。
ユキナは小柄で優しい雰囲気を醸し出す女性。


お誘いや、悩み相談、頼み事も多く人のことを優先してしまう、お人好しさん。空気を敏感に読むのに長けているが、疑り深いところがあり闇の中で鬱々感を育ててしまう一面をもつ。そのせいでオンとオフの切り替えができず眠りが浅く疲れもとれない。発散できずにいると、胸、脇、背中がはるように痛み、胃の不快感やゲップなどの症状があらわれる。


曇りや雨の日が苦手なユキナは「ストレスからくる気の滞り」と診断されました。


ヨウコはスレンダーで社交的な雰囲気をもつ女性。


仕事も意欲的にこなし、焼肉と飲み会が大好きでストレスさえも活力にするキャリア系。積極的に人に話しかけるが、共感が得られないと心の奥底からイライラが沸いてくる短気な一面をもつ。そんな日は気持ちが落ち着かず寝つきも悪く、近ごろは目、肌、髪が乾燥し便秘ぎみなのが悩みのたね。


ひどい時はめまいもするヨウコは「生活の乱れによる潤い不足」と診断されました。


薬膳の体質チェックを終えた二人は居酒屋へ。


そして診断結果に適した食材の一覧を見ながら、好みのお酒とサラダを注文します。

まずはデトックスを高めるサラダ

2201712181903220.png
居酒屋でも薬膳! アンチエイジングなおつまみ
「ストレスからくる気の滞り」と診断されたユキナが選んだのは、鬱々した時の胃の不快感、浮腫みにおすすめのパクチーサラダ。


パクチーはデトックス効果が高く芳香性と温める作用で気をめぐらせながら、余分なものを外に追い出す「発汗、去湿」として使われます。


パクチーは「香菜(シャンツァイ)」と呼び、その個性的な香と風味は「食べるアロマテラピー」のごとく気分を晴らし、重だるい湿気もふき飛ばしてくれます。


「生活の乱れによる潤い不足」と診断されたヨウコが選んだのは、イライラする、お腹がはる時におすすめの大根サラダ。


生の大根は毒素を排出するデトックス効果の高い野菜で、余分なものをなくす「消法」としてよく使われます。また大根は冷やす作用に働くので、脂っこい料理が多い、度数の高いお酒を飲むときは、調和をとるために加えたい一品です。


二人はサラダをつまみホッと息をつきながら、診断結果に再び目をむけました。

女は血から生まれ、血で女は美しくなる

2201712181904140.png
居酒屋でも薬膳! アンチエイジングなおつまみ
女は7の倍数で変化する。そんな養命酒のCMを見たことはあるでしょうか。


「女は7の倍数35歳」「男は8の倍数40歳」そこから少しずつカラダの衰えが始まると、中医学の根本をなす医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」に書かれています。


特に女性の一生は月経、妊娠、出産、閉経と血によって左右され、血の「質」と「量」は、肌の色艶、体力、メンタルにも影響をおよぼします。


血の不足、滞りがあると、不安や月経不順、睡眠、目、髪、肌に不調がおこるので、血を蓄える「肝」に働く食材を多めに補給する必要があります。


では、どうすれば良いのでしょうか?


薬膳のアンチエイジング「以臓補臓(いぞうほぞう)」
すなわち動物と同じ部位をとることで、その臓の働きを補うことができる手軽な方法があります。


ヨウコは「焼き鳥のレバー」を。
レバーが苦手なユキナは「イカの一本焼き」を注文し二人は夢中になって食べました。

ふたりの処方箋を見てみましょう

2201712181904360.png
ユキナの「気の滞り」


気の流れをスムースにするために適度な運動を。少し負荷がかかるランニング、水泳、山登りなどで身体を動かして発散しましょう。


メンタルでは複雑に考えずシンプルに。そして楽しさを感じる音楽、ドラマ、テンションのあがる娯楽に触れ、活気のある場所にでかけましょう。


おつまみなら、キノコ炒め、マグロと紫蘇、オニオンスライス、麻婆豆腐、薬味たっぷりな鍋料理、デザートは柑橘系がおすすめです。


ヨウコの「潤い不足」


熱が余りやすいため、激しく汗をかく運動より、静と動のあるヨガ、ストレッチ、ピラティスでバランスを整えましょう。


メンタルでは外の出来事に心を奪われず内なる自分を磨く。生活面ではゆったりした呼吸でリラックスを心がけ、あっさりした食事、果物をとり夜11時には就寝しましょう。


おつまみなら、出汁巻きたまご、豆腐、ひじき煮、牡蠣鍋、とろろ、
デザートは葡萄やマンゴーがおすすめです。


広告会社に勤めるユキナとヨウコは、飲みながらこんな会話を…


薬膳って、美容や身体に良い食材を同じようにユーザーへすすめるのではなく、ユーザーの特徴や悩みから属性を識別し、最適な情報を提供するのが目的なのね。


なんだかマーケティングと似ているわね。


同じ作者のこれまでの記事はこちらから
カフェでも薬膳!スタバとタリーズの活用術

2201710302001350.png

おすすめのinformation